妻が尿管結石・腎盂腎炎で入院しました。

妻が尿管結石・腎盂腎炎で入院してしまいました。

私も妻も定期健診を受ければ必ず
腎臓に石が見つかる体質なのですが、
その石が左右両方の尿管で詰まってしまったため
毒素を含んだ尿を体外に排出することができず、
腎臓に炎症が起きてしまったようです。

経緯を記録しておきます。

11月3日(木・祝)
早朝に石の痛みで起きました。
トイレに行って寝たら痛みはおさまったので
石が戻ったか、あるいは流れたかと
この時点では思っていたとのこと。
夕方に熱を測ったところ38.5℃でした。
夜20時ごろには石の痛みが再発。
尿管結石は痛みに耐えながら、
水分を多めに取り、石を流し出すしか
方法はないと思っていたため
ロキソニンを飲んで様子を見てもらうことに。
夜22時ごろ、痛みに耐えられないということで
救急車を呼びました。
搬送先ではCTスキャン、レントゲン、点滴をしたとのこと。
でも、詳細な検査はしてもらえず(救急だから当然ですね)、
紹介状を書いてもらって、翌日別の病院に行くことになりました。
代金は13000円也!超高い!
やっぱり夜間に救急で病院に行くものじゃないね。。。

11月4日(金)
救急で書いてもらった紹介状を持って、朝一に
泌尿器科がある近場の病院に行きました。
紹介状に含まれていたCTスキャン、レントゲンの
画像を渡しましたが、この病院でもレントゲンを撮りました。
すると驚くべき事実が!
尿管に詰まっている石は1つだと思っていましたが、
左右両方の尿管で詰まっていることが発覚。
このままだと尿が排出されず、
重大な病気になると言われました。
対処法は2つ。
尿管にステントの管を入れて
尿の通り道を作ってあげる方法、
もしくは、詰まっている石を破砕する方法。
ただし、こちらの病院では設備がなく
どちらの対処もできないとのことで、
再度紹介状を書いてもらい、
午後に大きな病院へ通院しました。
ちなみに近場の病院の診察代は3000円程度でした。

いったん家に帰り、午後から隣駅の大型病院に行きました。
建物は新しくてきれい。
ここでもCTスキャンとレントゲンを撮りました。
紹介状と一緒に画像を渡しましたけど。。。
と言ったのですが、最新の状態を確認したいとのことでした。
何回被ばくさせる気ですか。でも仕方ないよね。
CTスキャンとレントゲンの結果を妻と二人で聞きました。
尿が排出されず、腎臓に炎症が起きているため、
すぐに手術が必要だと言われました。
内視鏡で尿管にステントの管を入れ、
尿を排出する道を作る手術とのこと。
手術説明書によると、尿管カテーテル留置術って呼ぶらしい。
石を破砕する方法ではダメなんですか?
と尋ねましたが、破砕した石が流れるという保証はなく
とりあえず尿を出して炎症を抑えるのが最善とのことでした。
手術自体は左右10分ずつ程度と言われたかな。
ただ、手術室に入ってからもろもろの準備があったのか、
私は外で1時間ほど待っていました。
あと手術時、女性の場合は麻酔を使わないんだって。
痛かったよな。きっと。
男性は入れるときに反応しちゃうから麻酔を使うのか?
ただ単純に痛みに弱いからなのか?謎。
手術後、血液検査の結果を見せてもらったんですが、
白血球の数が上限の4倍になっていました。
上限超え。。さらに上限の4倍だなんて。
相当ばい菌と対決してる、それだけ菌があったってことですよね。
手術当日はトイレには行かず、管から尿を出す形でした。
血が混ざって赤色で痛々しかったです。
手術当日、入院一日目の夕飯はもちろん
口にすることができず、私が全て頂いちゃいました。
病院食、めっちゃ薄味!

11月5日(土)
尿管にステントを入れ、尿を排出できるようになったものの
抗生物質を入れても熱が下がらない状態でした。
腎臓にたくさんの細菌が残っているってことでしょうね。
なので、予定していた子ども達との面会もキャンセル。
私だけお見舞いに行きました。
昼食は5割ほど食べることができたのですが、
夕方から寒い、寒いと訴え始め、熱を測ったら40℃。
電気毛布をお借りして、モード強で暖めたのですが、
それでも寒い、寒いと。40℃もあったらそれはそうか。
夕飯は3割ほど食べ、一時間ほど経ったところで
汗をかき始め、熱が下がってきました。
面会時間終了頃には、テレビを見る気力も
出てきたので一安心して帰宅しましたよ。
看護師さんからは1日水1.5リットルは飲んで、
ばい菌を体外に排出して下さいと言われたので、
頑張って意識的にお水を飲むようにしました。

11月6日(日)
熱は37℃前半。少し押しただけで激痛がはしった
腰の痛みも無くなったそう。
昨日に比べたら体調が良いとのことで
子ども達2人でお見舞いに行ってもらいました。
その間、私は自宅で掃除・洗濯・食器洗いと
家事全般をこなしていました。
あまり負担になっても困るので、
子ども達は1時間半程度で帰宅。
それでも、子ども達の顔が見れて、
子ども達と話せて嬉しかったんじゃないかな。
帰宅した子ども達と一緒にご飯を食べて、
15時からは私が入れ替わりでお見舞いに行きました。
体調が回復しきて余裕が出てきたようで、
明日、化粧道具を持ってきてと頼まれました。
うれしい、嬉しい。

11月7日(月)
熱は37℃前半で頭が痛いとのことでしたが、
血液検査の結果は良好だったとのこと。
そして血液検査の結果より、遂に退院の話が!
水曜日に退院できるって!(嬉)
お医者さんからは
「別に追い出すわけじゃないんですけど。
なので、あくまでも本人の意思次第です。」
と言われましたが、病院から追い出された!って
文句を言う人がいるってことでしょうね。
ウチは退院大歓迎なので、妻と2人で大喜び。
妻は退院予定日翌日にコストコに行く予定を
入れていましたからね(笑)
夕飯も8割ぐらい食べれてました。
ちなみにこの日の夕飯は栗ご飯でしたよ。

11月8日(火)
この日は娘が頭が痛いと言い小学校を休むことに。
家で1人で寝かしておくわけにもいかないので、
私も会社を休みました。
仕事が溜まっているのにこわいなぁ。。
中学校帰りの息子を待って、
15時ごろ自宅を出発し、病院へ。
夕方には担当医が来てくれて正式に退院のお許しが!(嬉)
先生は忙しいのか、先生からの連絡は退院の話だけ。
代わりに準備していた質問を次々と先生に浴びせる私。
うざいかもだけど、1つでも不安を消しときたいんですよ。

・頭痛・発熱・腰の痛みなどが起きた時に病院に連絡するタイミング
-> 不安な状態のときはいつでも病院に電話をかけてOK。
目安は座薬を入れても痛みが引かない場合、
38℃を超える熱が出た場合等。

・飲食での注意点
-> とくに禁止の食物は無し。お水をたくさん飲むこと。

・どの程度動いていいか。仕事は復帰できるか。
-> とくに制限はなし。仕事も復帰可能。

・ステントは自然に排出されるのか
-> 自然には排出されない。手術で取り除く必要あり。

・石が自然に排出される可能性はどれくらいか
-> 石が自然に排出される可能性はそれほど高くない。
ステントを取り除く際に内視鏡で石も取り除く。
その際に再度入院が必要。
石が流れてくれればステントを抜く手術は日帰りで可能。

等々

そうそう、この日の就寝時間にやっと点滴が外れたそうです。
身軽になって、トイレや歯磨きがしやすくなったね。
おめでとう!退院まであと1日!

11月9日(水)
遂に退院の日!
10時に病院に着き、入院費用の支払い。
約12万円。。。
きゃーー!めっちゃ大金!おそろしい!
まだ、尿管に入れたステントを抜き取る手術と
石を取り出す手術が残っているというのに。
でも、腎臓の炎症がおさまり
退院できたので良しとしましょうか。
元気が一番ですもんね。
次回の通院は来週の金曜日です。
そんなわけで11月4日夕方の手術から、
9日まで続いた妻の尿管結石・腎盂腎炎
入院物語は終了。
この間ずっと点滴をつけていたこともあり、病院では
お風呂やシャワーに一度も入ることができませんでした。
家に帰って真っ先にシャワーを浴びた妻なのでした。


ちなみに、妻が入院中は私が息子のお弁当を作りました。
きゅうりとワカメの酢の物、ウインナーとハム、焼き油揚げ。

お弁当作り

カジキの味噌漬け、牛丼のあたま、レタスと海苔のサラダ。

お弁当作り
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ひーやくん

Author:ひーやくん
目指せ渋谷系エンジニア!

Yahoo!知恵袋
beginner_heayaで活躍後、
ブログデビュー。

Twitterのアカウントを取得!
フォローお願いします。




各記事のコメントやブログ拍手もお待ちしております。

ひーやのつぶやき
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード